FEATURE

サービスの特徴

ストロボは、既にマーケットシェア上位を獲っているデジタルメディア及びECサイトなどを対象に、「事業の再成長」と「現サイトの成果下落リスクヘッジ」の攻守両面を目的とした、 新たなオウンドメディアの立ち上げ及びグロースハックサービス「セカンダリオウンドメディア運用支援サービス」を提供します。

独自のメディア設計

新たなセカンダリメディア(=オウンドメディア)でも成果を出すために、当社独自のメディア設計を実施

事業成果毀損リスクの低減

本体メディアのSEO成果悪化などによる事業成果毀損リスクを低減するための、具体的な対策の提案

本体メディアの再成長

セカンダリメディアでさらなる成果創出をすることで、鈍化してしまった本体メディアの再成長を目指す

独自の編集体制構築

クライアント社内における独自の編集体制構築も支援。今後のさらなるメディア展開に対する「知見」や「再現性」の獲得が可能に

STRENGTH

ストロボの強み

ストロボは、東証1部上場企業中心にデジタルトランスフォーメーションを伴う新規事業立ち上げ支援をしてきました。数多くの新規事業立ち上げや、デジタルメディアの開発を通して、ノウハウ蓄積と専門体制拡大に尽力してまいりました。このような、大手デジタル新規事業プロジェクトにて、ゼロからメディア立ち上げて成果創出してきた体制がストロボの強みです。

ACHIEVEMENT

実績

セカンダリメディアの運用にも「戦略」が必要です。セカンダリメディアは「単にメディアを立ち上げればいい」「コンテンツを量産すればいい」というものではありません。多くの経験とノウハウを有するストロボの戦略に基づく運用によって、主要キーワードで高順位を占有することが可能です。

FLOW

サービスの流れ

創出すべき事業成果に向けて、コンテンツの要件定義から、メディア設計・初期開発を一気通貫で行い、グロースハックサイクルまでワンストップで対応します。

BACKGROUND

サービス提供の背景

近年、ほぼ全ての産業・業界で、デジタルに軸をおいた新規事業立ち上げの動きが見られるようになりました。そのような中、既にデジタルメディアやECサイトを立ち上げ、デジタル領域でのメディアビジネスを展開し大きな成果を上げている企業も少なくありません。

一方で、業界シェアトップもしくは上位にあるメディアにおいて、代表的な2つの課題があります。

  • 成長率の鈍化
    既に成果創出している本体メディアはSEO側面での成果が好調なため順位面での伸びしろが減ってしまう
  • 経営業績のリスクヘッジ
    メインターゲットのキーワードにおける検索順位が高いため順位評価が下落した際に経営業績へのマイナスインパクトが大きい

SOLUTION

ストロボの解決策

メインターゲットの顕在検索キーワードにおける検索順位(SEO成果)が常時高いなど、既に成果が出ているために起こる「成長率の鈍化」と、逆に何かしらの要因で順位評価が下落した際にマイナスインパクトが大きくなってしまいがちな経営業績への「リスクヘッジ」は、デジタルメディアやECサイトなどデジタル領域でのメディアビジネスにおける対処すべき課題として挙げられます。

ストロボは、こうした課題を解決するために、すでにマーケットシェア上位を獲っているデジタルメディア及びECサイトなどを対象に、「事業の再成長」と「現サイトの成果下落リスクヘッジ」の攻守両面を目的とした、 新たなオウンドメディアの立ち上げ及びグロースハックサービス「セカンダリオウンドメディア運用支援サービス」を提供します。

ストロボは、お客様の課題に対して、新たなオウンドメディアの立ち上げ、及びグロースハックサービスである「セカンダリオウンドメディア運用支援サービス」により「再成長」と「リスクヘッジ」の攻守両面から成果実現を支援します。既に一定の成果を創出し、業界シェア上位にあるメディアやECを展開されている企業様は、是非お問い合わせください。
お問い合わせ

関連サービス