Media

医療広告ガイドライン大学

テスト18

2018年に医療広告ガイドラインが大幅に改正されました。改正された最大のポイントは、それまで広告とみなされなかったホームページが、広告に含まれるようになったことです。広告規制の対象となったことで、これまで普通に広告できたさまざまな表記が制限を受けるようになりました。 ここでは、ホームページで広告する際、気をつけるべきことや修正すべき点などをまとめています。

目次

医療広告ガイドラインとは

医療広告ガイドラインとは、医療機関の広告に対する指針(ガイドライン)のことです。厚生労働省が定めており、正式名称は「医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針」といいます。2018年に大幅に改正され、その後も少しずつ変更が加えられています。

ホームページも広告規制の対象となった経緯

2018年の医療広告ガイドラインの改正で、ホームページも規制対象になりました。規制対象となった最大の要因は、美容医療などを行う自由診療系クリニックです。治療にかかる費用や治療の内容、効果などで閲覧者の誤解を招くような不適切な広告によって、消費者トラブルが急増していることが背景にあります。

ホームページをみて医療機関を選ぶことが一般的な時代となり、医療機関側も集客のためにさまざまな表現を用いて、広告を行うようになりました。しかし、美容医療や歯科医療などの自由診療は、医療費が高額になりがちなので、望む治療結果が得られなかった場合は、どうしても「騙された」と思ってしまいがちです。その結果、消費者トラブルの相談件数が増加しました。

厚生労働省はこれらの報告を受け、医療広告ガイドラインの見直しを開始。そして広告の規制範囲を広め、規制内容を強化したのです。

医療広告の定義

ホームページなどの広告が、以下の①と②の要件を両方満たした場合、「医療広告に該当する」として判断されます。医療広告と認められた場合、医療広告ガイドラインの規制対象となります。

① 患者の受診等を誘引する意図があること(誘引性) 

② 医業若しくは歯科医業を提供する者の氏名若しくは名称又は病院若しくは診療所の名称が特定可能であること(特定性)

医療の関連記事をもっと見る

医療広告ガイドラインに対応したコンテンツ制作・広告運用・デジタルマーケティングについて、無料相談受付中

無料相談・お問い合わせ

お電話での
お問い合わせはこちらから

03-6403-0823

Contact お問い合せ

Contact