企業のデジタルトランスフォーメーション支援事業及びベンチャー投資育成事業を展開する株式会社ストロボ(以下、当社/東京都・港区 代表取締役 下山哲平)は、海外/外国人向けに事業展開している企業を対象として「多言語コンテンツマーケティング&グロースハック」サービスを開始いたします。

海外に対応した多言語コンテンツマーケティングサービス

現在、「越境EC」「インバウンド(訪日外国人向け)対応」など海外にむけての販売施策、情報発信、マーケティング展開などが盛んになっております。
自社のWebサイトにおいても海外対応、多言語化は大企業のみならず中小企業においても当り前になりつつあります。しかし、海外で暮らす現地の生活者(ターゲット)を引きつけるコンテンツを恒常的に発信している企業はまだ少なく、集客力や成果を生むサービスの提供ができるコンテンツ制作会社も少ないというのが実情です。

当社は、これまでデジタルに特化したハンズオン型マーケティングブティックという立ち位置を強みにして、東証一部上場企業など大手企業様向けにコンテンツマーケティングならびメディア運営サービスを提供してきました。クライアント専属の編集部門の立ち上げからコンテンツ企画制作・編集、さらにはインハウス化支援の一環として、ライターや編集者、校正・校閲専門スタッフなどの人材採用・教育・育成までワンストップで提供できることが当社の強みです。

当社が提供する「多言語コンテンツマーケティング&グロースハック」サービスは、単純な多言語コンテンツの提供ではなく、コンテンツ制作後の運用・成果改善まで一気通貫で担うことで、海外現地のターゲットにしっかりとリーチし、販売や成果につなげていくことを目的としています。

「多言語コンテンツマーケティング&グロースハック」サービス立ち上げの背景

当社が海外向けマーケティング支援事業をスタートした背景には下記のような理由があります。

  • 外国人に対する外国語でのマーケティング活動となるため、言語的ハードルにより集客ノウハウがなかったり、人材・体制の確立ができていなかったりと、高品質・高成果創出という顧客ニーズに対応出来るコンテンツ制作会社が少ない
  • 「外国語でコンテンツを作る」ことは出来ても、実際に、集客成果の出るコンテンツを企画・設計し、コンテンツ制作後のグロースハック(SEOやソーシャルメディア対応)まで一気通貫で対応ノウハウを持つことへのハードルが高い。

当社では、これらの課題を解決するための独自のノウハウ・スキームを有し、海外/外国人向けに事業展開している企業の成長に貢献できると考え、本事業を開始するに至りました。

「多言語コンテンツマーケティング&グロースハック」3つの特徴

  1. これまでの大手メディアの運用及びグロースハックを実行してきた成功事例から、異なる国や言語間でも共通するメソッドやノウハウを基盤とし抽出し、独自の多言語コンテンツ設計・制作・運用改善体制を構築。
  2. 日本在住ネイティブ外国人編集者やライターによる専門体制の提供と、当社独自のグロースハックノウハウを掛け合わせた多言語コンテンツの運用体制を提供。
  3. 「日本人が外国語で運用しているメディア」と言った単純な多言語コンテンツではなく、対象国と言語におけるアンバサダーやインフルエンサーの起用など、成果を伸ばすことにこだわったメディア設計や運用体制構築が可能。

今後、対象国・対象言語において、発信力のあるインフルエンサーやアンバサダーを起用する「海外インフルエンサー&アンバサダーマーケティング」サービスのリリースも予定しており、それらを組み合わせることで、多言語でのオウンドメディア展開と集客増加に総合的に取り組めるサービスを提供していく予定です。

会社概要

会社名:
株式会社ストロボ (英表記:Strobo Inc.)
本社所在地:
〒106-0045
東京都港区麻布十番 1-5-10(受付4階)
代表取締役社長:
下山 哲平
事業内容:
デジタルマーケティング事業
メディア&コンテンツ開発事業
ベンチャー投資育成事業

本件に関するお問合せ先

株式会社ストロボ 広報担当:下山
TEL 03-6403-0823
e-mail: